<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.09.08 Friday

アメリカ旅行 2

0

    JUGEMテーマ:お出かけ



    ホースシューベントの後はアンテロープキャニオンへ


    アンテロープキャニオンはアメリカ合衆国最大のネイティブアメリカンの自治区で、

    ナバホインディアン居留区内にあります。

    そのため、居留区への入場許可証が必要な地域で、

    ナバホ族のガイドの同行なしには見学ができない特別なキャニオンなのだそうです。

    ペイジと言う町のスーパーの前から、

    10人が1グループになってトラックの荷台を改造した車に乗り、

    砂の道を10分位走って洞窟の前に着き、

    運転手さんがガイドとなって私たちを洞窟に案内してくれます。

    撮影ポイントをガイドさんが教えてくれますが、

    人も多いのでなかなか思うようには撮れませんが、

    往復約1時間のコースを思い思いにカメラを向けて十分アンテロープを堪能出来ました。





    class="pict" />



    変わり映えのしない広大な大地に岩が点在する景色を眺めながら

    モニュメントバレーへ移動しました。

    メサと言われるテーブル形の台地と

    浸食が進んだビュートと呼ばれる尖った岩山が点在し、

    まるで記念碑(モニュメント)が並んでいるように見えることから

    モニュメントバレーと呼ばれるようになったそうです。

    私たちが泊まったホテルは「The View Hotel」というビジターセンターに隣接したホテルで、

    モニュメントバレーで最も有名な3つのビュートが真正面に見える

    絶好のロケーションに建っていました。

    夕陽に染まるビュートと

    ビュートの後ろから昇る朝日を

    部屋のベランダからゆっくりと楽しむ事が出来ました。

    翌日は、バレードライブと言って囲いの無いバスに乗り砂埃を浴びながら、

    モニュメントバレーの中に点在する映画のシーンに登場した場所や

    面白い形のビュートとメサを見て回りました。









    ジョン・フォード監督が映画で好んで使った風景だそうです。

    「駅馬車」など

    2019.07.16 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする








         

      categories

      archives

      links

      profile

      PR

      PR

      PR

      ミートソフター

      新品価格
      ¥1,058から
      (2015/1/28 10:54時点)

      ブログパーツ

      recent comment

      recommend

      recommend

      others

      mobile

      qrcode
      みんなのブログポータル JUGEM